金貨を高く買取してもらうには専門店

古銭の中でも金貨は非常に人気がありますが、金貨の種類によって価値の差が出てきます。そして日本の金貨の中にも高く買取してもらえるものがあります。

まず明治時代に発行された旧1圓金貨は値打ちがあります。ただ旧1圓金貨は発行された年によって価格が違い、大量に発行された年のものはそれほど高くはならないです。

逆に発行枚数が少ない明治7年からのものは希少価値があり、高く売ることができます。次に同じく明治時代に発行された旧2圓金貨はさらに価値があり、旧1圓金貨の買取価格の平均が2万円から3万円に対して旧二圓金貨は10万円を超えることがあります。

旧二圓金貨も発行年度によって買取価格が異なります。またどの金貨でも状態が良いほど高く査定してもらえます。そして明治時代に発行された金貨で旧10圓金貨は非常に値打ちがあり、20万円以上の買取が期待することができます。

そして正確な査定額を知るためには、古銭買取専門店に依頼することです。最近は自宅にいながらメールで写真を送るだけで査定してもらえます。

出てきた古銭が思わぬ収入になる

祖母の家を整理するように頼まれて、整理をしているときに、使われていないタンスから見慣れないコインが出てきました。祖母に聞いてみると、昔のお金であることを教えてくれて、祖父が古銭を集めるのが好きだったことを聞かされました。

箱のなかに無造作に入れられた古銭を捨ててもいいと言われたのですが、昔のお金とはいえ、お金を捨てるわけにはいかずに、祖母から譲り受けて、古銭を買取りしてもらえる業者がないかを探しました。

すると、古銭買取り専門の業者が見つかり、依頼をすることになったのです。もしも買取りの値段がつかなくても、自分でお金を処分することに気が引けたため、お金を気持ち良く処分するにはいいのかなと思い、高値などは期待せずに査定を依頼しましたが、買取りの金額を聞いて驚きました。

いくつかある古銭のなかで、とても珍しいものがあり、それが高値がついたのです。祖母に買取り金を持っていくと、もらっていいと言われましたが、そのお金で祖父の好きだったお酒を買ってお供えしました。古いお金が思わぬ収入になり、とてもうれしい限りです。

トップページに戻る。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *